選挙について

最近の一番の関心事です。わたしも今年で27歳。そろそろまじめに考えたい年頃です。日本人をやめる予定もないわけですから。

以下を読んで大変勉強になったので、メモです。
http://www.heiwaboke.com/2007/07/post_1017.html

陶片追放の時代から、選挙は「候補者の中から、次の権力を決める」ものではなくて、
「現在の権力者の代替を候補者から選ぶ」もの。
両者は似てるけどぜんぜん違う。逆に言うと似てるから、ちゃんと教えない限り一般人は誤解したまま。

なんだかよくわかりませんが、少しわかります。
なるほどねえ。。


「固定してる権力は絶対悪である」っていうのが民主主義の原則なんだよね。
こればっかりは民主主義も形を変えたキリスト教であると揶揄されるぐらい。

いわゆる「善たる独裁」っていうのが存在しないのよ。

とか。
いや、やっぱ勉強って大事ですよね。

広告を非表示にする