読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる


日経平均が弱すぎていらいらしてきた

10時現在、また下がってる。

昨日は+1170円くらいと歴史的な暴騰を演じたわけだが、これはその前日のNYが950ドルくらいあがったためだろう。今日は、前日のNYが76ドル安だったから、日経平均も70円くらい下がってる。あほか。

ちょっとね、影響されすぎ。しかも下がるときは日経の方が何故か下落率が大きいから、年初からの下落率はNYが-29%なのに、日経は-38%だ。アメリカ発の景気後退じゃないんかと。

確かに日本は輸出に頼るところが大きいので、アメリカが不況になると結構影響は大きいだろう。しかし普通に考えてアメリカの消費(需要)減退で一番痛手を被るのはアメリカの会社(供給)だろう。しかも現状、被害の中心はアメリカ経済の中心たる金融業界ときたもんだ。なんっで日本の方が株が下がるんだよこのバカ。


日本のマーケット参加者は、まったくもって自分の判断で適正な値をイメージしておらず、日和見的に空気を読んで売ったり買ったりしているのだろう。それじゃお前競馬新聞の印とオッズだけ見て馬券買うのと一緒だろ。だから株式市場はいつまでたってもギャンブルで、証券会社は株屋のイメージが抜けないんだと思う。読者諸兄におかれましては、いちど茅場町辺りを散策して適当な証券会社の支店に入ってみて欲しい。JRAのWINDSと客層が完全に被ってるから。

こんな状況で、「市場は効率的で(ry」とか言うのは本当に聞いて呆れる。どう考えてもまっっっったく効率的に機能していない。
たぶん日本人の気質的に(なのかなんなのかは知らないが)取引市場を自立的に運営するっていうのはもう無理なんじゃないか。であれば東証はさっさとNYSE辺りに統合してもらえばいい。会計基準も擦り寄るみたいだし。んで名証あたりが地方競馬みたいにまったり日和見爺さんの社交場と化せばいいじゃん。


以上、ただのマジレスでした。