読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる


「消毒しましょ!」のものまねで増田読解www

娘のことで起こったこと、思ったこと。(追記アリ)」という記事(以下の本文に元記事の概要説明はないので元記事を未読の方はリンク先の一瞥を推奨)について、id:AntiSepticがなにやら分析を試みているようだが、少し異論があるので書いてみる。本人のものまね*1でw

相手が「不幸」であることに過敏な反応を示すのは自分こそが一番不幸であると信じていたい人間に他ならない。普段から「不幸自慢」をしているのはむしろ増田自身の方であろう。

違うだろw 普通に考えれば、もっとも「過敏」に「反応」するときというのは嫉妬しているときであり、では誰かに嫉妬するときとははどういうときかと言えばその誰かが持っているものを自分は持っていないときなのであって、自分もその対象を持っているときではないw つまり増田が不幸でありたいと思っていることこそ間違いなかろうが、読むべきは自分のことをそこまで不幸だと思っているかというとそうではないということであり、「普段から不幸自慢をしている」などとしてあたかも増田が不幸であるかのような結論を導くのは単なる偏見と断ぜざるを得ないwww

もしこのバカが言うように増田が「普段から「不幸自慢」をしている」のであれば、匿名ダイアリーで愚痴をこぼすにあたってはここぞとばかりに自らの「不幸自慢」が綴られて然るべきであるところ、むしろ「不幸自慢」に対する批判に終止しているわけであって、この推論がまったくの見当外れであることは屁をこくよりも明らかであるwww 要するにこのバカはバカだから「不幸でありたい」という願望と実際に「不幸である」という認識を混同してしまっているわけだw 試しに「不幸」を「金持ち」に置き換えてみれば誤謬があることは一目瞭然で、他人の金持ち自慢に人一番敏感な人がいたら、普通はその人について貧乏人か少なくとも金持ちではないだろうと考えるわけで、金持ちを自慢したい金持ちなのだろうということなどにはなりようがないではないかwww

ではこの増田が自分のことを不幸ではなくどう思っているのかと言えばそれもちゃーんと書いてあって、「離婚した人間は人として失格、忍耐力の欠如した人間」だと思ってるわけだ。要するに、この増田が「[普段から」感じていることは、自分が夫を失った理由が、自らの責に帰すべきものではなく、単なる不幸であればどれだけよかったかということであり、だからこそ他人の不幸が羨ましくうつるということに他ならないw


父親不在の原因は、相手方が死別であるのに対して増田は協議離婚。これにメイン・テーマであるところの「盗み」を掛け合わせれば、恐らく父親は他に女を作って出て行ったのであろうと思われる。

思われ」ねーよww 離婚、盗みと来たら「寝取られた」のだろうということになる極めて貧相な連想ゲームにはもはやため息すら出ないw要するにこのバカは、「盗む」という行為に対しての考察がまったく足りておらず、字面だけ眺めてわかったようなことを言おうとするから、ことほどさように貧困な発想力を公開して恥をさらしているわけであるが、少し考えれば盗むという行為が他人のものを所有することだということは明らかで、そこまでわかれば盗みに「掛け合わ」すべきは「離婚」ではなく結婚のほうであることもまた明白であるw

結婚こそがまさに、他人を独占的に支配乃至は所有する行為に他ならないからであり、上述したとおり増田が「負い目」を感じている対象もまた、結婚の失敗としての離婚であって盗まれた結果としての離婚ではないからである。

この母親が自身について思っていたのは、不幸ではなく不出来である。不出来故に、また「忍耐力」が「欠如」していたが故に男を所有できずに逃がしてしまった自分を責めているのだ。そして、そんな母親をみて娘が思うことは、他人のものを所有、専有してはじめて女性は一人前なのだということであり、だからこそ友達のソフトを盗んで返すまいとするのである。娘は友達のソフトを所有することで、母親に対して「どう、すごいでしょ」と言いたかったのであり、だからこそ増田の説教を「何も理解してなかった」わけだ。もうオレがなにを言ってるかわからないだろ?ケケケwww

*1:参照→[http://b.hatena.ne.jp/entry/d.hatena.ne.jp/AntiSeptic/20090815/p2:title]