読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる


俄かには信じがたい狂気 ※追記あり

あまりに胸糞が悪く、引用することさえ憚られる内容なのだが、石原慎太郎がこの度の大震災に関して次の通りコメントしたようだ。以下はasahi.comからの全文引用。

石原慎太郎東京都知事は14日、東日本大震災に関して、「日本人のアイデンティティーは我欲。この津波をうまく利用して我欲を1回洗い落とす必要がある。やっぱり天罰だと思う」と述べた。都内で報道陣に、大震災への国民の対応について感想を問われて答えた。
発言の中で石原知事は「アメリカのアイデンティティーは自由。フランスは自由と博愛と平等。日本はそんなものはない。我欲だよ。物欲、金銭欲」と指摘した上で、「我欲に縛られて政治もポピュリズムでやっている。それを(津波で)一気に押し流す必要がある。積年たまった日本人の心のあかを」と話した。一方で「被災者の方々はかわいそうですよ」とも述べた。
石原知事は最近、日本人の「我欲」が横行しているとの批判を繰り返している。

朝日新聞デジタル:どんなコンテンツをお探しですか?

言うに事欠いて「震災は天罰」で、「津波で我欲を押し流すべき」とは、公人の発言でここまで品性下劣なものを目にしたことは記憶の限りなく、あらゆる非難の言葉を尽くしても言い表せない程の嫌悪を感じる。

百万歩譲って好意的に解釈すると、天罰を受ける対象は被災者ではなく支援にあたる我々で、私利私欲を捨てて支援にあたらなくてはならないという意図を汲めなくもないが、「震災が天罰」というレトリックは恰も被災者の方々が罪人であるかのような印象を生じせしめるものであるし、「津波で我欲を洗い落とす」などという言い回しは、津波の被害者の方々を日本の”我欲”扱いする極めて非人道的なものであるから、件の発言が被災者の方々にとって不愉快極まりないどころか暴力的なものであることは揺るぎ難い事実であり、表現の不適切さ及び薄汚さの加減は、まさに観測史上最大級である。


ここまで不適切な発言が滲み出る背景には、自己中心的かつ極めて幼稚な、人を人とも思わないような狂気じみた世界観が透けて見えており、非常に強い恐怖を感じる。例えば連続殺人犯が自らの凶行を語るのを聞くようなとき、前提となる世界観が我々とはあまりにかけ離れていることに戦慄させられることがあるが、それと同じ感覚である。

発言それ自体よりも更に、このような下劣な発言を平気で行える神経の方が、問題であるように感じる。


そして、げに恐ろしきはこのような有害物質が現に都政において最も責任ある立場にいることで、さらには4選を目指し次期都知事選にも立候補する意向を固めていることである。

既に3選していることも恐ろしい事実だが、我々都民は今一度注意深くなる必要がある。

この老い先短い狂気の塊りが、いつ自らの理想を実現させるために、常人では考え付かないような非道な手段を実行に移すとも限らないからだ。この老害はこの度、一旦は不出馬を表明しながらもそれを撤回してまで4選に挑もうとしているが、これはなにか独善的な使命感から来るとてつもなく壮大ではた迷惑な計画を胸に秘めているということではないのだろうか?

我々にできることは非常にシンプルで、この差別主義者の老人の発言や行動をじっくりと観察し、改めて、本当に都政を預けるに足る人物であるかをよくよく検討することだ。

どんなに優秀な人物であっても年と共に能力は衰えるし、価値観が凝り固まって思想が先鋭化することは頻繁にある。我らが東京都知事はどうだろうか?上の発言は重要なヒントになり得るのではないか。

追記(3/16)

石原は、件の発言について謝罪し、撤回をしたようだ。

東京都の石原慎太郎知事は15日午後、記者会見し、東日本大震災を14日に「天罰」と表現したことに対し、「発言を撤回し、深くおわびいたします」と謝罪した。石原知事は14日、蓮舫節電啓発担当相から節電への協力要請を受けた後、報道陣に「この津波をうまく利用してだね、我欲を一回洗い落とす必要がある。積年たまった日本人の心のあかをね。これはやっぱり天罰だと思う。被災者の方々、かわいそうですよ」などと発言していた。=一部地域既報

毎日jp(毎日新聞)

ただ、上の本文をお読みいただければご理解いただけるとおり、本件は謝ってすむような類の問題ではない。

問題は、そもそも件の発言というか思想を世の中に開陳して何ら問題なしと判断したその思考回路の飛躍ぶりであり、件の発言の背景に間違いなく存在する常人とはかけ離れた狂気じみた世界観にあるからだ。

賢明なる東京都民の各位には、問題の本質を見誤ることのなきよう、この場を借りてお願い申し上げたい所存である。