FXに関する反省3

前回前々回に引き続き。


まあこれもよく言われることのようですが、やはり、、
(特にポジションをとるときは)焦ってはいけない。
一昨日くらいの話し。日足のチャートを見ていて、107.20くらいまでいっかいあがるかな、とか思ったのに、なぜか106.34で売りポジもってしまった。。だからまあ焦ってしまったんでしょうね。


それからもうひとつ。
上記ポジション持ったあと、いっかい106.00くらいまで下がってそこで揉みあったので、あれ、買いかな?って思ったんですよ。ただ、口座見てみたら1〜2万くらいの大したことない評価益だったので、やめといた。そうしたらその辺からあがっていったわけ。ここからいえることは、、
金勘定をしてはならない。
ですね。上がるなら買うべきですし、下がるなら売るべき。いくら儲かったから、とか、いくら損したから、とかはまったく切り離されるべき。逆もまた然りで、すごい儲かってても、まだ上がると思うなら利益確定はするべきでない。


うーむ。で、反省したときは損切ったほうがいいかな・・?



と、結構考えたけど損切りはしないことにした。下がる!

広告を非表示にする