為替予想

これを書くのは気が重いが、調子がいいときだけ書いても仕方が無いので。


私の予想に反し、ドル円はたいした材料もないのにMA200を上回り108円を試す展開となってしまった。しかもどうも108円は超えてきそうに見える。

これをもちまして、私の、介入でもない限りMA200は超えられないだろjkという予想は完全に外れたことになったので、先ほどさっさと損切した。ドル円ショートに全力をそそいでいたものだから、損失は実に10マソ。卵はひとつのかごに盛るなとはまさに私のためにある言葉である。


どうも、米国の金利上昇期待や空売り規制・銀行の決算を無事に乗り切ったことによる株高がドルのレートを押し上げているようだが、金利はまたどうせ上げる上げる詐欺だろうし、株高もどうせ一時的なものだから、長期的な下落トレンドに変更はないとは思うが、あんなに強力だったMA200のレジスタンスが超えられてしまうと次の壁がよくわからなくなってくる。


自信のないときに無理に参加してもどうせ負けるだけだから、しばらくは傍観するか、すごい金額をおさえるのが吉とみた。


ひょっとすると、直近の高値108.5円くらいが反転のポイントになるのかなあ。


※追記(7月25日)
再び私の予想を裏切って、今度は107円を割ってきた。要は損切りしなくてよかったじゃん・・・(結果論)という話。
こないだのMA200ブレイクはただの騙しで、ほんとの壁は108円だったのだ、ばかめ。ということなんだろうか・・?難しい。実に難しい。もう一度日足のチャートをよく眺めてみよう。

広告を非表示にする