読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる


「私が想う他者の意識」について

ヒト

そういう人もいるんだな的な。

たぶん、不快感を感じる境界は人それぞれという話だと思うので、まあそれはそのとおりだし別に何でもいいといえば何でもいいのだけど、随分私とは感じ方が違うのだなあという。

「日本女性はレイプされるとよがる」というようなエロゲを、例えばアメリカなり中国なり韓国なりで発売したり、あまつさえamazonで買えたりしたら、たぶん不快です*1。私なら、これは日本女性に対する侮辱と感じます。たとえ製作者に「これはフィクションであり、現実とは違う。日本女性へのレイプを奨励するものではないし、そのような行為を助長するというデータもない」と言われても納得しがたいでしょう。
ところが、ここから日本を取ってしまうと、つまり「女性はレイプされるとよがる」というようなエロゲだと、私は女性に対する侮辱と感じません。たぶん、「日本」が取れることによって、「我々のこと」ではなくなるのだろうと思います。

エロゲは女性に対する侮辱か - 不動産屋のラノベ読み

正直、私は対象が侮辱されているかとかどうとかそういう問題ではなく、レイプに関する記述が凄く嫌いだったりする。レイプを題材にした創作物を好んでみることは一切ないし、時折ニュースなどで触れるとまじめに落ち込むことが多い。そして対象が「日本人女性」だろうと「外国人女性」だろうと「アニメキャラ」だろうと、あまり受け取り方に違いはない。たまたまそれを撲滅しようという方向に運動が向かわないだけで、レイプを題材としたポルノゲームに反対する人権団体とやらの気持ちはすんなり理解できるほうだと思う。

私はおそらく、レイプについてそれが事実なのかフィクションなのかという区別をほぼしていない。区別していないというか、同じように受け止めてしまうところがある。とにかく、等しく不愉快なのだ。

そのレイプはフィクションなのだから被害者の女性は本当はいないのだ、ということは理解できるのだが、私の中に「私が思う被害者女性の意識」というものがあって、その「私が思う被害者女性の意識」が現実味を帯びるためには、別に被害者の女性が実在する必要がないという感じだろうか。

目の前に凄惨なレイプ被害に遭った女性がいたとしても、私が感じるその女性の意識は、結局は私が想像するその女性の意識でしかないわけで、いわばフィクションでありリアルではない。だとすると、その女性の意識が本当にそこにあるかどうか自体は突き詰めると関係がないのではないかと私は思うわけである。そういう感じ方をするべきだなどという話ではまったくない。

「私が思う被害者女性の意識」と、「女性はレイプされるとよがる」という概念とは、完全に対立するものである。「私が思う被害者女性の意識」にとってのその概念は著しい侮蔑に他ならない。万が一そういった被害の最中に「よがる」と表されるようなものを感じてしまったという事実があったとしても、それに言及されることほど屈辱的なことはないのでないか。本当のところがどうなのかは知るよしもないが。私の中では、「女性はレイプされるとよがる」というテーゼは、たとえそこに日本女性とした場合との対比という意味合いを持たせたとしても、到底受け入れられるものではなかったりする。

で、こうした極めて主観的で自己言及的な他者言及、または妄想の中からこそ、「人権」なるものが生まれるのではないの、というのが先日書いた私の理解で。